WordPress 5.0がリリースされる前にやっておきたい!Gutenbergを無効化する方法!

WordPress 5.0がリリースされる前にやっておきたい!Gutenbergを無効化する方法!

この記事執筆現在、間もなくWordPress 5.0がリリースされるという頃なんですが、WordPress 5.0からは「Gutenberg(グーテンベルク)」という新しいエディタが導入されます。

このGutenbergでは記事の形式がこれまでと変更になるため、過去記事の表示が崩れてしまう可能性があるんですよね。

というわけで、WordPress 5.0へアップデートした時点でGutenbergを無効化する方法についてご紹介します。

プラグインの「Classic Editor」をインストールする

「Classic Editor」というプラグインは、これまでのテキストエディタを使えるようにするプラグインです。

まずはこちらをインストールしておけば安心だと思います。

プラグインのインストール方法については下記の記事で紹介してますので、この方法でClassic Editorをインストール・有効化してください。

WordPressでプラグインをインストールして使えるようにする方法
続きを読む

プラグインの「Disable Gutenberg」をインストールする

「Disable Gutenberg」というプラグインは、Gutenberg自体を無効化するプラグインです。

Classic Editorとは違ったアプローチではありますが、すべての記事を対象にGutenbergを無効化するだけでなく、「特定の記事でのみ無効」にしたり「特定のユーザーの記事でのみ無効」にすることもできます。

カスタムフィールドを使えるようにするプラグイン「Custom Fields for Gutenberg」

Gutenbergではカスタムフィールドの入力欄が無くなるそうです。カスタムフィールドを使ってる方は「Custom Fields for Gutenberg」を入れてカスタムフィールド入力欄を有効化しましょう。

最後に

Gutenbergは実際に使い始めたら便利になるかもしれないんですけども、意図しない表示になる可能性もあることを考えると、導入は慎重にした方がいいと思います。

少なくともClassic Editorはインストールしておいた方がいいですよ。

キーワード
WordPress