2018年7月13日ACIDMAN LIVE TOUR ”Λ(ラムダ)”@武道館セットリストと個人的な感想ちょっと

2018年7月13日ACIDMAN LIVE TOUR ”Λ(ラムダ)”@武道館セットリストと個人的な感想ちょっと

2018年7月13日に開催された「ACIDMAN LIVE TOUR “Λ(ラムダ)“」のツアーファイナル公演を観に武道館に行ってきました。

ACIDMANのライブに行くのは久しぶりでしたが、最高に上がりました!

ACIDMAN LIVE TOUR “Λ(ラムダ)“ツアーファイナル@武道館

今回のライブはちょっと入りが遅れてしまって、会場内で聴けたのは「新世界」から。それまでの3曲は武道館の前で漏れ出た音を聴きました。

席は「1階南西スタンドC列5番」という、下手寄りの前の方でした。これがなかなか見晴らしの良い席で、肉眼でステージがきちんと確認できる距離だったのが良かったです。

武道館で行われたΛツアーファイナルのセットリストがこちらです。

1.φ ~introduction~
2.白い文明
3.ミレニアム
4.新世界
5.FREE STAR
6.prana
-MC-
7.Stay on land
8.equal
9.赤橙
10.ユートピア
11.水の夜に
-MC-
12.彩-SAI-(前編)
13.彩-SAI-(後編)
-MC-
14.Λ-CDM
15.世界が終わる夜
-MC- (浦山一悟)
16.最後の星
17.MEMORIES
18.空白の鳥
19.光に成るまで
-MC-
20.愛を両手に
アンコール
ある証明
Your Song

他の会場でのセットリストを見たところ「式日」が入ってたんですが、そこに「equal」と「赤橙」が入った形。

個人的には、初めてACIDMANのライブを観た日に「新曲です」って演奏されたのがequalで、その頃のことがフラッシュバックして涙が溢れそうになりました。

アルバムの曲順だと「空白の鳥」から「MEMORIES」なんですけど、ライブだと逆にした方がしっくりきましたね。

あと全体的に照明演出が素晴らしくて、例えば「水の夜に」では水のような照明になっていたし、「愛を両手に」では雲の上にいるかのようなスモークと照明での演出が素晴らしかったです。

また、背後に置かれたΛ型のLEDパネルに映された映像もすごく良かったです。

スクリーンに映された映像もすごくいい感じで、特に真俯瞰のカメラがドラムに寄っていくところとか好きでした。

最後に

ファンのリクエストによってセットリストを決めるライブ「ANTHOLOGY2」開催がアナウンスされましたので、そちらのライブも楽しみです。

2019年3月2日から始まり、ファイナルは2019年5月17日のZepp Tokyo。ここに行きたいですね。

ACIDMANの好きな曲をまとめてみた!and world, green chord, LIFEあたりが特に好きです! | delaymania
続きを読む
キーワード
ライブレポ