湯野川広美4thアルバム「心音の樹」がエモい!じっくり聴かせる曲からノリの良い曲までバラエティ豊かな作品!

湯野川広美4thアルバム「心音の樹」がエモい!じっくり聴かせる曲からノリの良い曲までバラエティ豊かな作品!

2017年11月21日にO-WESTで開催された、湯野川広美BANDのワンマンライブに行ってきました。

ライブを見ていて、湯野川広美の4枚目となるソロアルバム「心音の樹」の楽曲たちはどれも素晴らしいなと思ったのでご紹介します。

湯野川広美4thアルバム「心音の樹」

ロックバンド「ジン」のボーカリストひぃたんが、湯野川広美名義でソロ活動をしてまして、2017年8月5日に4thアルバム「心音の樹」をリリースしました。

そして収録曲がこちらです。

  1. 夕影の丘
  2. 我武者羅祭り
  3. 思い出フォトグラフィー
  4. 路上ライフ
  5. 日々照らす
  6. 3冠王
  7. 春疾風
  8. 夕凪センドオフ
  9. 未来樹
  10. ハイボール

アコースティックギターをかき鳴らすじっくり聴ける曲から、こぶしを突き上げたくなるようなロックな曲まで。ジャンルに捕らわれずにバラエティ豊かでありながら、そのどれもが湯野川広美らしい、一本芯の通った楽曲が揃ってるアルバムです。

またアレンジがどの曲も巧妙で、湯野川広美BANDのプレイヤーみなさんのレベルの高さに圧倒されます。

初ライブから演奏されているもののこれまでどの作品にも収録されることのなかった「夕影の丘」も待望の音源化。ジンの活動休止直後から応援していたファンの皆さんにとっては待ち遠しかったんじゃないでしょうか。

ツアーファイナルとなったO-WESTでは「未来樹」から始まるセットリストでした。勢いがあって爽やかでメロディーがキャッチーで、完全に僕の好みの曲でした。

個人的な好みでいうと「思い出フォトグラフィー」も好きでした。夏っぽくて爽やかな疾走感のある楽曲です。

最後に

友人の「アランヒルズ」井出匡がギターを弾いてる縁で、うちのバンド「アマオト」のドラマー森盛滋を気に入ってもらえてツアーにパーカッショニストとして連れ周ってくれました。

僕もそんな縁からひぃたんとも仲良くさせてもらっていますが、彼女のパワーには毎回驚かされます。O-WESTを揺らしている様はものすごかったですよ。

圧倒的なアーティスト力を持ったボーカリスト湯野川広美を少しでも多くの人に知ってもらいたくてこんな記事書いてみました。

Google Play Musicなどでも聴けますので、「心音の樹」をぜひ聴いてみてください。

キーワード
音楽