LINEで写真を送るよりもAirDropを使った方がメリットがあること

LINEで写真を送るよりもAirDropを使った方がメリットがあること

iPhoneで撮った写真を送る際にLINEなどのチャットツールで送るのも便利なんですが、送る相手もiPhone,iPadであればAirDrop(エアドロップ)がかなり便利です。

LINEなどと比べてAirDropの方が有利な点がいくつかあるのでまとめてみました。

LINEよりもAirDropで写真を渡した方が有利な点

では順番にLINEよりもAirDropで写真を送った方がいいと思われる理由について紹介していきます。

オリジナルのサイズのまま送れる

LINEやメールで写真を送るとオリジナルサイズで送ることが難しいんですよね。LINEだと自動でサイズを小さくされてしまいますし(※1)、メールはオリジナルサイズで送れるもののメーラー側で上限の容量が設定されていることもあったり。

AirDropならオリジナルサイズで送ることが可能です。

※1 LINEでオリジナルの解像度のまま写真を送るためにはこんな方法もあります。

LINEでオリジナルサイズの写真を送る方法
続きを読む

通信量を使わない

写真や動画をオリジナルサイズで送ることができるとなると気になるのが通信量ですが、AirDropはBluetoothで送信するため通信量は一切かかりません。

数百枚の写真や容量の大きい動画など、普段なら躊躇するようなファイルもさくっと送ることができますよ。

メタ情報に日付が残る

これ、むしろLINEがなんでそういう仕様なんだって思うんですけど、例えば結婚式に出て写真をみんなで撮っていて翌日LINEで送ってもらったとします。その写真を翌日ダウンロードすると翌日の日付が付いちゃうんですよね。

写真のメタ情報がばっさりカットされていて、撮影日の記録が残ってないんですよ。個人的にはこれが気持ち悪くて。

AirDropで送ってもらえば日付のメタ情報が写真に残りますので、後日送ってもらったとしてもその日付の写真と並んで表示されます。

その場にいる人に一気に送れる

その場にいる人が全員入ってるLINEグループがあればそこに写真を送ってもいいわけですけども、そういうシチュエーションばかりじゃないんですよね。

「この人とはLINEでつながってるけど、この人はFacebookでしかつながってないし…」みたいなことも多くて。大人数が参加するイベントなどでは、全く連絡先知らない人とも写真だけ共有したいこともあったりします。

連絡先を知らなくてもiPhone同士であれば一気に送れるので、簡単に共有できて便利ですよ。

連絡先を知らなくても送れる

前述したように連絡先を知らなくても送れることもメリットですよね。

「撮った写真を送りたいからLINE教えてよ」っていうナンパの手法があると聞きまして、AirDropを使うことでそのナンパを回避できます。

ちょっと特殊な例ですけども、やっぱり連絡先を交換していない相手にも送れるっていうのは楽でいいですよね。

写真・動画以外のデータを送ることも可能

LINEでも送信可能なデータはだいたいAirDropで送ることが可能で、例えばボイスメモなどは容量が大きくなりがちなのでAirDropで送信すると便利です。

詳しくは下記の記事にまとめてありますので、こちらもぜひご覧ください。

iPhoneでボイスメモを目の前の人に渡すにはAirDropが便利!
続きを読む

知らない人からAirDropで画像が送られてくる被害について

知らない人からAirDropで画像が送られてくる「AirDrop痴漢」と呼ばれる被害が増えているそうです。

あらかじめ設定しておくことで防ぐことができますので、下記の記事を参考に設定してみてください。

知らない人から写真が送られてくる「AirDrop痴漢」を防ぐためにできること
続きを読む

最後に

その場にいなければAirDropが使えませんので、「家に帰ったら送るね」みたいなときにはLINEなどのチャットツールで送るしかないですね。

iOS 11からAirDropを送る相手を設定する方法が変わりましたので、下記の記事も参照してください。

iOS 11でAirDropを使うときに送受信する相手を設定する方法
続きを読む
キーワード
iPhone