iOS 11でAirDropを使うときに送受信する相手を設定する方法

iOS 11でAirDropを使うときに送受信する相手を設定する方法

iPhoneで撮った動画や写真を送る際にAirDropが便利で愛用しています。

このAirDropは送る相手のレベルを設定できるんですが、その設定がiOS 11からちょっと分かりにくい場所になってしまったので解説します。

iOS 11でAirDropの設定をする

iOS 10まではコントロールセンターを開いたらすぐ目について、さくっとAirDropの設定ができたんですが、iOS 11になってちょっと探しにくい場所になってしまったのでキャプチャー付きで解説しますね。

3D Touch対応機種の場合はコントロールセンターで設定

iPhone 6s以降の機種であれば3D Touchが使えますので、コントロールセンターにてAirDropの送受信相手の設定をすることができます。ただ、ちょっと場所が分かりにくいので下記の画像をご覧ください。

画面の下から上に指を滑らせてコントロールセンターを開いたら、Wi-Fiなどの項目を強く押し込みます。
コントロールセンターでAirDropの設定をする01

するとAirDropのアイコンが出現します。こちらをタップしてAirDropの設定をします。
コントロールセンターでAirDropの設定をする02

3D Touchを使わずに設定アプリ内で設定

iPhone 6以前の機種やiPhone SEなどは3D Touchに対応してませんので、上記の方法では設定を切り替えられません。設定アプリ内で設定しましょう。

設定アプリを開いたら「一般」に入り、
設定アプリでAirDropの設定をする01

AirDropをタップ。AirDropで送受信できる相手を選びます。
設定アプリでAirDropの設定をする02

最後に

AirDropの使い方についてはこちらの記事もあわせてご覧ください。使い慣れるとめちゃめちゃ便利ですよ。

キーワード
iPhone