iOS 11の写真をJPEGに、動画をH.264に戻す方法

iOS 11の写真をJPEGに、動画をH.264に戻す方法

iOS 11では写真のフォーマットとして「HEIF」、動画では「HEVC」というフォーマットが用意されました。

iOS 11にアップデートした時点で「HEIF」「HEVC」に変更されてるので、こちらを「JPEG」「H.264」に戻す方法をご紹介します。

写真をJPEG、動画をH.264に変更する

設定アプリを開いたら「カメラ」をタップ。その中にあるフォーマットをタップします。

「高効率」にチェックが入ってますので、「互換性優先」をタップして設定を切り替えます。

設定はこれだけです。こうすることで、HEIFで保存されていた写真はJPEGに、HEVCで保存されていた動画はH.264で保存されるようになります。

HEIFとHEVCのメリットは?

HEIFとHEVCのまま使っても特に問題があるわけではありません。

「JPEG」「H.264」に比べてHEIFとHEVCは軽いため、より多くの写真や動画を保存しておくことができます。

僕がちょっと困ったのは、iOS 10のiPhoneにAirDropで動画を送ろうとした際にファイルを変換する時間が長かったことくらいですかね。送信してしまえばフォーマットはJPEGとH.264に変換されてしまうので。

iPhoneで撮ったデータをそのままその端末で使うのか、他のところで使うのか。どういう運用をするのかによって決めるのが良いと思います。

最後に

僕は現時点では互換性優先に戻しました。JPEGとH.264の方が僕にとっては使いやすくて。

時間が経てばまた変わってくるとは思いますが、しばらくこのまま使ってみようと思います。

キーワード
iPhone