渋谷「オーガスタス」でダチョウやカンガルーの肉などのオーストラリア料理を堪能してきました!

渋谷「オーガスタス」でダチョウやカンガルーの肉などのオーストラリア料理を堪能してきました!

友人であるフリー素材モデルのマックスに招待されて、渋谷にある「Gastropub Augustus(ガストロパブ オーガスタス)」に行ってきました。

オーストラリアの食材を使った料理が食べられるお店で、肉をガッツリ食べたいという方におすすめです!

渋谷駅からアクセスの良いガストロパブ オーガスタス

「オーガスタス」は渋谷駅の新南口から徒歩2,3分ほどの場所にあります。明治通り沿いにあるビルの2階ということもあり見つけにくいかもしれません。
渋谷「ガストロパブ オーガスタス」の外観

お店の前に看板がありますが、この看板を見つけるのが困難かも…。
渋谷「ガストロパブ オーガスタス」の看板

店名 ガストロパブ オーガスタス (Gastro Pub Augustus)
住所 東京都渋谷区渋谷3-15-2 コンパルビル 2F
電話 050-5593-4173
営業時間 17:00~24:00
定休日 日曜日
最寄駅 渋谷駅
タバコ 完全禁煙(外階段に喫煙スペース有り)
座席数 32席
支払い方法 カード可
予約 予約可
関連リンク ガストロパブ オーガスタス (Gastro Pub Augustus) – 渋谷/ビストロ [食べログ]

清潔感があって雰囲気の良い店内。
渋谷「ガストロパブ オーガスタス」の店内の様子

デートにもおすすめできますし、メンズ数人で肉を食いに行くっていうのもありです。

オーストラリアの食材を使った料理の数々

それでは、オーストラリアの食材を使った絶品料理をいただいた順番に紹介していきます。コース料理ではなくてアラカルトのメニューからおすすめのものをずらっと出していただきました。

ダチョウ肉のタタキ。
渋谷「ガストロパブ オーガスタス」のダチョウ肉のタタキ

鴨の生ハムとミモレットチーズのサラダ。
渋谷「ガストロパブ オーガスタス」の鴨の生ハムとミモレットチーズのサラダ

真鯛のフィッシュ&チップス。揚げるのではなくオーブンで焼き上げてるそうです。
渋谷「ガストロパブ オーガスタス」のフィッシュ&チップス

フライドポテトにこだわりがあるそうで、茹でてから150℃のラードで揚げて1日寝かしてから、提供する際に180℃で再度揚げているとのこと。このポテトはランチでもいただけるそうですよ。

カンガルーのランプのステーキ。ミックスベリーのソース。添えてあるのは、あやめ雪カブと黄カブ。カンガルーを食べたのは初めてでしたが、癖がなくてさっぱりしていておいしかったです。
渋谷「ガストロパブ オーガスタス」のカンガルーのステーキ

豚肉と赤リンゴの自家製ソーセージのグリル。時期によって違うりんごを入れていて、甘めのものをチョイスしているそうです。
渋谷「ガストロパブ オーガスタス」の自家製ソーセージのグリル

子羊のグリル、バーベキューソース。臭みが全くないですし、めちゃめちゃ柔らかかったです。ソースもおいしかった。
渋谷「ガストロパブ オーガスタス」の子羊のグリル

ぶどう牛のエアーズロックステーキ。結局牛肉っておいしいなって実感しました。カンガルーも子羊もおいしかったけど、オーガスタスに来たらこの牛肉は注文した方が良いと思います。
渋谷「ガストロパブ オーガスタス」のぶどう牛のエアーズロックステーキ

オーストラリアでは定番の「サワードゥ」という自家製パン。
渋谷「ガストロパブ オーガスタス」のサワードゥ

焼きニョッキ、ゴルゴンゾーラソース、ローストアーモンド。
渋谷「ガストロパブ オーガスタス」の焼きニョッキ、ゴルゴンゾーラソース

パブロバという焼きメレンゲと生クリームを使ったデザート。
渋谷「ガストロパブ オーガスタス」のパブロバ

フォンダンショコラ、ゆずカード添え。
渋谷「ガストロパブ オーガスタス」のフォンダンショコラ

最後に

どの料理もすごくおいしかったです。肉はどれもおいしかったですけども、特に子羊のグリルのバーベキューソースが絶品でした。フライドポテトも他のお店では食べられない特別感があってよかったですね。

カンガルーやダチョウの肉は「低カロリー高たんぱく」の食材なので、ダイエット中の女性なども来やすいお店だと思います。

今回誘ってくれた友人はランチに良く来るそうで、サラダ・スープ・ドリンク・デザートがついて1000円とコスパが良いと言ってたので、次回はランチに行ってみます!

キーワード
ご飯