BLUE ENCOUNTのアルバム「≒(ニアリーイコール)」が良すぎるので好きな曲挙げる

BLUE ENCOUNTのアルバム「≒(ニアリーイコール)」が良すぎるので好きな曲挙げる

最近BLUE ENCOUNTというバンドにハマってまして、「≒」というアルバムをめちゃめちゃ聴いてます。

2015年1月にメジャーデビューしてから現在までにシングル3枚とフルアルバムを1枚出したというところなんですけども、現時点で僕が気に行ってる曲をご紹介します。

デビュー曲「もっと光を」を筆頭にカッコ良い曲ばかり

僕がハマってる「≒」というアルバムがこちら。カッコ良い曲が多すぎです。

僕の感覚だと、ワンオクとかマンウィズが好きな人は聴きやすいんじゃないかなと。そんな感じの音楽性です。

Wikipedia情報だと細美武士氏の影響も受けてるようで、たしかにそんな感じの印象はありますね。

勢いのあるギターロック系ではあるものの、テクニカルなことを結構やってるので勉強になることがたくさんあります。

もっと光を

特に好きなのはデビュー曲の「もっと光を」。この曲でハマりました。いろんなところで流れてるので聴いたことある人も多いのではないかと思います。

LIVER

「LIVER」もさわやかで疾走感があって、テンポチェンジした後のブラストビートのところもカッコ良いです。

MEMENTO

「MEMENTO」はギターのアレンジが好みです。この曲も途中でうまい具合にテンポチェンジしてるんですよね。

DAY×DAY

2ndシングルの「DAY×DAY」もLIVERやMEMENTOのようにテンポチェンジはしないもののDメロで雰囲気が変わるんですが、これがBLUE ENCOUNT節なんでしょうね。

最後に

今年の頭に3rdシングルの「はじまり」をリリースしたばかりでこれからが楽しみなバンドです。

ちなみに、ここ最近特にハマってるのはBLUE ENCOUNT・黒木渚・Mrs. GREEN APPLEです。

キーワード
音楽