虫歯予防に!水を含ませるとふくらむフロスがしっかり汚れを掻き出せてめちゃめちゃいい!

虫歯予防に!水を含ませるとふくらむフロスがしっかり汚れを掻き出せてめちゃめちゃいい!

歯ブラシだけでは歯と歯の間の汚れを落とせないため、歯間ブラシやデンタルフロスも併用してる方は多いと思います。

僕は特にフロスを毎晩使ってるんですけども、最近歯医者さんのおすすめで使い始めた「水を含ませるとふくらむフロス」が超いい感じです!

歯と歯の間にはびっくりするほど食べかすが詰まってる

口の中の環境は人それぞれなのでどのようなオーラルケアがベストかというのは素人が口を出せるようなことじゃないんですけど、個人的にはどんな人にでもフロスは必須なんじゃないかと思ってます。

なにしろ歯と歯の間の食べかすってなかなか取れないもので、水圧で飛ばすような製品もたくさん出てますけども、風呂掃除で例えるならシャワーだけで掃除しようとしてるようなものですからね。(←歯医者さんで聴いた例えをそのまま引用してます。)

フロスは風呂掃除のときのスポンジのようなもので、歯と歯の間の汚れをこそげ取ってくれます。

ふくらむタイプのフロス

で、僕がおすすめしたい「水を含ませるとふくらむフロス」の話になるわけですが、通常のフロスに比べて汚れがきっちり落とせてすっきりするんですよ。

▼僕が使ってるのはGUMのこちらのタイプ。
ふくらむデンタルフロス01

▼パッケージの右上にフロスの特徴が書かれています。
ふくらむデンタルフロス02

▼こちらが通常の状態。
ふくらむデンタルフロス03

▼水をふくませるとこのように膨れ上がります。この繊維に汚れが絡みつくため汚れを落としやすいという訳です。
ふくらむデンタルフロス04

僕は虫歯になりやすい体質なため歯医者さんから毎日フロスをやるように指導されてまして、ふくらむフロスを使い始めてから半年後に診てもらったところかなり改善されてるとのことでした。

ワックスありとワックスなしはどちらが良いのか?

フロスには「ワックスあり」と「ワックスなし」があります。

ワックスありだと歯と歯の間に滑り込ませやすいんですが、汚れを取る力はワックスなしの方が強いんです。

僕は昔ワックスなしのフロスを試したら挟まって取れなくなった嫌な思い出があるため、ワックスありのものを選んでます。汚れが取れるか取れないか以前に快適に使えなかったら嫌ですからね。

初めてフロスを使うという方はワックス付きから始めるのがいいと思いますよ。

ふくらむタイプのワックスなしが汚れをかき出す力は最強だと思うんですけど、僕はまだ手が出ませんね。

【追記】新しいフロスに乗り換えました

より一層食べかすを取り除ける「フロアフロス」と出会いまして、今ではこちらを使ってます。

同じように水で膨らむタイプで、ワックス付きなのに食べかすをしっかりとかき出してくれるので気に入ってます。

こちらの記事もぜひチェックしてみてください。

関連記事『虫歯予防のために「フロアフロス」が最高!食べかすもプラークもしっかり掻き出せる!』のサムネイル画像
虫歯予防のために「フロアフロス」が最高!食べかすもプラークもしっかり掻き出せる!
続きを読む

最後に

僕のように虫歯になりやすい体質の方はぜひお試しください。

ちなみに、今回この記事を書いたことで知ったんですが、他にもいろんな種類の物があって、例えば歯間が狭い方向けのものもあるようです。フロスが挟まって使いづらいと感じてた方はこちらを試してみるといいかもしれないですね。

キーワード
健康