iPhone 6sで4Kの動画を撮影するためには設定アプリ内で事前準備が必要です

iPhone 6sで4Kの動画を撮影するためには設定アプリ内で事前準備が必要です

iPhone 6s, iPhone 6s Plusでは4Kの動画を撮影することができるようになりました。

ただ、カメラアプリを起動させてビデオを選択しただけでは4Kの動画を撮ることはできません。

4K動画を撮るための設定方法をご紹介します。

iPhone 6s, iPhone 6s Plusで4Kの動画を撮る

▼設定アプリを開き「写真とカメラ」に入り「ビデオ撮影」をタップします。
iPhone 6sで4Kの動画を撮影するための設定01

▼4つの選択肢がありますので、一番下の「4K/30fps」を選びます。これで設定完了なのであとはビデオを回すだけ。
iPhone 6sで4Kの動画を撮影するための設定02

最後に

iPhone 6s Plusでは動画の手ブレ補正機能もついてますから、いままでよりも良いきれいな動画が撮れるようになりましたね。

まだ4Kディスプレイ自体が普及してませんが、数年先の未来のためにいまのうちから4Kの動画を撮っておくのも悪くないと思いますよ。

YouTubeではすでに対応済みですしね。

キーワード
iPhone