ハングアウトオンエアーで気をつけたい打鍵音がミュートされる機能

ハングアウトオンエアーで気をつけたい打鍵音がミュートされる機能

ビデオハングアウトをするときキーボードの打鍵音がマイクに入らないように自動でミュートされる機能がついています。

この機能は特にハングアウトオンエアーでは裏目に出ることがありますので気をつけなければいけません。

打鍵音がミュートされる機能で話がぶつ切れに

ハングアウトオンエアーではTwitterを活用することがあります。

特定のハッシュタグをつけてこちらから情報を発信したり、視聴者からご意見いただいたり、視聴者のツイートにリプライを返してコミュニケーションをとったり。

また、ハングアウト中にメモを取ることもあるでしょう。
ブラウザで検索することもあります。

このような文字入力をする場合に注意しなければいけないのが、「打鍵音ミュート機能」の反応が良すぎることです。

コマンドキーとかシフトキー押したくらいの、ホントにちょっとしたことで反応するんです。

そうすると話がぶつ切れになってなにを話したか分からなくなってしまいます。

打鍵音ミュート機能との上手な付き合い方

ハングアウトオンエアーのクオリティを保つために、打鍵音ミュート機能をかいくぐって会話を視聴者に届ける方法を2つご紹介します。

サブマシンを用意する

文字入力用に2台目のパソコン、もしくはiPadやiPhoneなどのデバイスを用意しましょう。

パソコンの方が操作性は良いですが、2台目のパソコンの打鍵音をマイクが拾いますので本末転倒です(^^;)

そういう意味ではiPadやiPhoneの方が良い選択肢かもしれません。

キーボードを打つときはしゃべらない

キーボードを打つときはしゃべらない。

極論ではありますが、設備投資も要らず誰でも即実践できる方法です。

しゃべるときはしゃべる。文字入力するときは黙ってキーボードを打つ。オンオフをきちっと切り替えるということですね。

複数人でハングアウトオンエアーするなら、話を進める担当とツイート・書記担当を決めてしまうと楽ですよ。

最後に

対策がどっちも力技なのですが、現状この手段くらいしか思い浮かびません。

なにかいい方法あったら教えてください。

設定で打鍵音ミュート機能のオンオフが出来たらいいんですけどねぇ…。

キーワード
ハングアウト