OZPAの表4にEvernoteの使い方の記事を寄稿しました

OZPAの表4にEvernoteの使い方の記事を寄稿しました

OZPAの表4の大ファンの@delaymaniaです。

このたび、OZPAの表4にEvernoteの使い方の記事を寄稿させていただきました。

とんでもなく参考になりすぎるEvernote使用例 6 〜ノート総数3500 @delaymaniaの全ノートブック晒し&”肩の力を抜いた”Evernote整理術〜 | OZPAの表4

寄稿した記事についての解説というか裏話的なことをお話します。

いつも読んでいただいてる皆さんも、OZPAの表4から初めて僕のブログに来ていただいた方も、是非読んでみてください。

僕にとってのOZPAの表4とは

僕がこのブログを始めたきっかけとなったのがOZPAの表4。

初めてRSS登録したブログもOZPAの表4でした。

そんな僕にとって憧れのブログに自分の記事が載るなんて、1年前の今頃は夢にも思ってませんでした。

@OZPA君と一番最初にコンタクトをとったのは、僕がMemonade HDというアプリをリリースしたとき。
リリースした旨をメールしたらご丁寧に(しかもかなりの早さで)返信していただき、そしてtwitterで相互フォローさせていただきました。

その後、Evernoteマンの曲を作ったあたりから仲良くなって、ちょいちょいいろんなところで顔を合わせるようになり、最近飲みに行ったときに寄稿のオファーをいただきました。

寄稿自体が初めてだったので緊張感がすごくて、ちょっと肩の力入りすぎてたかな(^_^;)

「肩の力を抜いて」と文章では書いてるのに、それを書いてる僕はがっちがちでしたね(笑)

Evernoteの使い方は自由

寄稿させていただいた記事は、僕のEvernoteの使い方をすべて晒した内容です。

あくまで僕の使い方なので、参考になる人もいれば、自分ならこうするのにって思う人もいるでしょう。

でも最終的に僕が言いたいのは、Evernoteの使い方は自由であるということです。

紙とペンの使い方が自由であるように、好き勝手使っていいんだよっていう一例になればなという思いであの記事を書きました。

僕がリリースしたMoveEverもそう。

twitterでエゴサーチしてるとき、「どこが便利かわからない」という意見をいくつか見かけました。

でもそれはそれでいいんです。

Evernoteの使い方は人それぞれなので。

最終的に僕が便利に使いたくて作ったアプリですし、僕の使い方に共感してくれる人がいてくれただけでありがたいことです。

アプリをダウンロードする

Evernoteで挫折をする人

「evernote 挫折」とGoogle検索するとたくさんの記事が出てきます。

でも、そもそもEvernoteはただのメモ帳なんで、本来であれば挫折なんてものはないんですよね。

自分が使いやすいように使ったらいいと思います。

なので、もしEvernoteをうまく使いこなせてないと感じてる人がいたら、寄稿記事で書いたように「完璧を目指さない」という肩の力を抜いたスタンスでEvernoteを使ってみたらいいかなと。

Evernoteの挫折については、@rashita2さんのこの記事が分かりやすいです。

R-style » ツールと挫折

最後に

今回の寄稿で僕のことを知ってくれた人もいると思います。

当ブログ「delaymania」は毎日更新しています。

IT関連の話題を中心に、いろいろな話題を発信していきますので、RSS登録していただけると嬉しいです。

そして、いつもdelaymaniaを読んでいただいてる皆さん。

今後も応援よろしくお願いします。

キーワード
ブログ運営