iPhoneの電池がどのくらい持つのか体を張って確かめてみた

iPhoneの電池がどのくらい持つのか体を張って確かめてみた

iPhoneって電池持たないって言われますけど、僕はそう思ったことが少なくて、逆に電池持つ方だと感じています。

割りとヘビーユーザーで長い時間触ってるけど、出先で充電なくなったことってほとんどないんですよ。

たまたまiPhoneをものすごく触ってた日がありましたので、具体的な例を出しながらレポートします。

電池がどのくらい持つかレポート

先日病院に行ってきたときの話。

病院は待つのを覚悟で行かないと行けないですが、iPhoneを機内モードにしてオフラインでできること(RSSの処理など)をしようと思ってiPhoneのみ持って行きました。
一晩しっかり充電したフル充電のiPhoneです。

診察や検査も含めて病院に滞在した時間は6時間。
ほとんどが待ち時間でしたので、約5時間はiPhone触ってました。
その日は一度帰宅してから電車移動して往復30分ずつくらいはiPhoneいじってました。

これだけ触り続けて、帰宅時の電池残量は25%。

約6時間使って3/4消費したということは、8時間くらいは使ってられます。
ずっといじってることは少ないでしょうし、これだけ持つなら十分ですよね。

ひとつ断っておくと、機内モードのときは電池減りにくいです。
電波を探すということが、iPhoneの電池を消費させるひとつの要因なので、3Gでずっと使ってるともう少し減りは早いかなと。

今回のケースだと機内モードで約5時間使用してますので、実際はもう少し減るかなという印象です。

機内モードをうまく活用できると省エネでやっていけるので、仕事中や地下鉄などで機内モードにするだけでかなり節約できますよ。

eneloop mobile booster

それでも心配なので、一応充電池は持ち歩いています。

僕が使ってるのはeneloop mobile booster KBC-L2BS

これは結構すぐれもので、iPhoneは2回くらい充電できるし、iPadも充電できます。
重さも携帯1個分くらいの重さだし大きさも手のひらサイズだし。

最後に

ガラケーからスマホに切り替えるのにためらってる人が、もし電池消費を心配してるなら、心配しなくていいですよ。
ということが言いたかっただけのエントリーです。

余談ですが、普段は2日に1回ペースで充電してます。

キーワード
iPhone