twieveが便利だなと実感した2つの出来事

twieveが便利だなと実感した2つの出来事

最近twieveに助けられたことが2回あったので書いておきます。

twieveは「自分のツイート」「ダイレクトメッセージ」「リツイート」「お気に入り」をEvernoteに送って保存しておくことが出来るサービスです。

元々はライフログの一環として使い始めたのですが、意外とこのバックアップに助けられるケースが出てきました。

twitterは情報の流れが早いため、他人の流した情報だけでなく、自分が発信した情報ですらなかなか過去にさかのぼってたどり着けません。そんな時Evernote上にバックアップされていればうろ覚えの記憶からでも検索機能で簡単にたどり着くことができます。

twieveが便利だなと実感した2つの出来事

誰に連絡したか忘れてしまったのを過去のツイートに戻って確認できた

たびたびセッションをやってる仲間がいまして、その仲間うちで次いつ集まろうかっていう話をtwitterでしていました。その時一度日程が決まったのですが、数日後今回主催してくれる方からその日都合が悪くなってしまったという連絡が。連絡係を僕がやっていたためみんなに相談しようと思ったらこの話が誰に伝わってるのか分からないという状態になってしまいました。

いつもなら「とりあえず伝わってそうな人に連絡しとけばいいか」と思うのですが、その日程をわざわざ空けてくれてるわけだし連絡もれがないようにしたいと思ったので、Evernoteのtwieve用のノートを開き「セッション」というキーワードで検索をかけたら一発で見つかり、無事みんなに連絡を取ることができました。

メンバーのツイートに貼り付けられていた写真を使った

僕のバンド、アマオトのtwitterアカウント@amaoto_infoはメンバー全員がツイートできるようにみんなで管理してるのですが、twieveの保存先を僕のEvernoteにしてあります。twitterアカウント自体は共有してますが、過去の情報は僕が管理している訳です。

マルチアカウントで使ってる方も多いと思うのですが、twieveの保存先のノートを確認することで、メンバーのツイートやメンバーへのメンションなどを見ることが出来て、twitterでみんながどのような行動をとったのか管理することができます。

メンバーみんなのツイートを日ごとに一瞥できるっていうだけで結構便利に使ってるんですが、昨日アップしたレコーディングの日記を書いてる時に、コントロールルームの写真を撮り忘れていたことに気づきました。その時にtwieveのノートを確認したらたまたまメンバーがコントロールルームの写真付きでつぶやいてるのを発見!速攻写真をダウンロードしてブログに使わせてもらいました。意外なところでtwieveが役に立った瞬間でした。

かなりレアなケースですが、twieve使ってなかったら気づかなかったのは間違いないので、改めてtwieveの便利さを実感しました。

まとめ

とりあえずなんでもEvernoteに入れときゃいいんですよ(笑)Evernoteに入れておかなくて後悔することはあっても入れておいて後悔することはないですからね。

キーワード
Evernote