キャッシュレス派が作った財布「PRESSo」がポケットを圧迫しなくていい

キャッシュレス派が作った財布「PRESSo」がポケットを圧迫しなくていい

なるべく荷物を減らしたいという欲求がどんどん強くなって、ポケットに入れてもこんもりしないサイズ感の財布が欲しいなと思ってました。

そんなタイミングで「PRESSo(プレッソ)」という超小型財布の、めちゃめちゃ素敵な色が発売されたので速攻購入しました。

キャッシュレス時代の小さな財布「PRESSo」

PRESSoを作った会社「drip」は、クラウドファンディングで資金調達しており、先日ブログでも紹介した「CHIP(チップ)」という超小型小銭入れとセットで購入しました。

僕は「リモーネ」というカラーを選びました。発色の良い黄色が最高です。これだけ派手な色だと、カバンの中に入れていたとしてもすぐ見つけられます。

CHIPと並べたところ。どちらも見た目が可愛いです。

カード用のポケットが3つ。1つのポケットに2枚入れられますが、3枚くらいで十分です。

紙幣は3つ折りにしたものを6枚入れられるそう。

つまり1万円を使って買い物した時に「5千円札なくて千円札になってしまいますが」と言われたら終わりです。これはちょっと不便な感じはしますが、まぁ無理やり入れたらどうにかなるでしょう。

真ん中には小銭を入れられるポケットもありますが、基本的には小銭は入れずに使う予定です。ズボンのポケットの圧迫感をなるべくなくしたいんです。

というわけで、小銭はCHIPに入れます。
CHIPに小銭を入れたところ

あと、カードや紙幣を入れると流石にふくらみが出て、こんな具合に畳めなくなりますが、これも使っていって皮が馴染んできたら変わってくるのかなと。

お金とカードが入るキーケースの感覚で使う

小銭入れには鍵を入れると良いなと思ってます。

そうすると荷物からキーケースが必要なくなるので、キーケースを持ち歩く感覚でカードと紙幣が入れられるのであれば、近所の買い物くらいなら十分間に合いそうです。

サブの財布として活用する

例えば、ライブの日にでかい財布を持ち歩くのが面倒なんですよ。ポケットに入れても邪魔じゃないサイズなので、ギターケースに入れっぱなしにしておかずに、持ち歩けるのが良いなと。

基本的にはiPhoneかクレジットカード1枚あればほとんどの支払いはいけるので、現金でしか支払えない店に入ってしまったときの保険として紙幣を忍ばせておくくらいでちょうど良さそうです。

ただ、1万円で200円くらいの買い物をした時に、一気にパンパンになってスマートさが失われるのが辛いので、やっぱり小銭はCHIPに入れる前提で考えておかないといけないですね。

最後に

PRESSoとCHIPの組み合わせはだいぶいい感じです。

領収書を入れる場所がないので、領収書を入れるためのケースをどうするかこれから考えます。

キーワード
生活