Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する「Google Analytics オプトアウト」が手軽でいい!

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する「Google Analytics オプトアウト」が手軽でいい!

ウェブサイトやブログを運営している方ならアクセス解析のためにGoogleアナリティクスを利用しているかと思います。

ただ、自分がサイトを開いたときもアクセス数が増えてしまうため、正確なデータが取れなくて困ったりしますよね。

そんなときに「Google Analytics オプトアウト」を使えば、たった数分の設定で簡単に自分のアクセスを除外できますよ。

Google Analytics オプトアウト

「Google Analytics オプトアウト」はブラウザの拡張機能で、この記事執筆時点で下記のブラウザに対応しています。

  • Chrome
  • Internet Explorer 11
  • Safari
  • Firefox
  • Opera

導入するには下記のリンクから拡張機能をインストールしてください。

上記のリンク先に飛ぶとこのようなページに。「Google アナリティクス オプトアウト アドオンをダウンロード」と書かれたボタンを押します。

こちらはChromeでの画面。Chromeの拡張機能を追加するために「CHROMEに追加」ボタンをクリックしてください。

これで作業完了です。あとはこのブラウザでアクセスする限りは自分のブログのアクセス数に計上されないので、「この記事ってこんなに読まれてるんだと思ったらほとんど自分のアクセスだった」みたいな事故が防げますよ。

サイトのデザイン作ってるときには特に効果的です。本番環境の確認でいろんなページにアクセスしたりするので。

最後に

Googleアナリティクスへのアクセスを制限するためにIPアドレスを指定する方法もあるんですが、IPアドレスが変わってしまうとめんどうですし、設定がそもそもめんどうなので、簡単に導入できるGoogle Analytics オプトアウトを使ってます。

ブログなどを運営している方はぜひ試してみてください。

キーワード
WEBデザイン