2017年に流行ったお笑い芸人が誰だったのかを完全に主観でまとめた

2017年に流行ったお笑い芸人が誰だったのかを完全に主観でまとめた

僕はお笑い芸人が好きで、テレビではもちろんライブを見に行ったりもしてます。

毎年いろんな芸人さんが出てくる中、2017年に活躍したお笑い芸人さんを記録しておきたいなと思ったので、完全に僕の主観ではありますが、何組かピックアップしてみたいと思います。

完全にブレイクしたお笑い芸人

まずは誰もが認める、2017年に完全ブレイクしたお笑い芸人5組。

東京に馴染んだ「千鳥」

「2017年を象徴するお笑い芸人は?」という街頭アンケートやったら1位になるんじゃないかっていうくらい完全に東京に馴染んだ千鳥。

飲み屋の隣の席からノブ風ツッコミが聞こえてくるくらい、みんながみんな「クセがすごい」っていうフレーズ使ってましたよね。

2017年1月にキングちゃんというレギュラー番組が始まったのに1クールで終わってしまって残念でしたが、2018年にまた復活するので楽しみです。

個人的には「どういうお笑い?」っていうフレーズが流行ってないのが不思議でしょうがないです。あのくだり大好きなんですけどね。

M-1 2016で知名度が跳ね上がった「カミナリ」

M-1は優勝者じゃなくても注目が集まる芸人さんが毎年いますけども、去年のメイプル超合金のような活躍をしたのがカミナリでしたね。

全力でひっぱたくツッコミが意外とポップに見えるのでお茶の間にも浸透した感じがします。あれを例えば野生爆弾のクッキーがやってたらホラーなだけですからね。

R-1 2017優勝者「アキラ100%」

R-1はM-1と違って優勝したところで活躍できない芸人も多い中、アキラ100%は1周した後も比較的よくテレビに出てました。裸芸だけど下品じゃないのは昭和のバラエティ番組っぽいBGMのキャッチーさが使いやすいんですかね。

おもしろ荘2017優勝者「ブルゾンちえみ」

ブルゾンちえみは年末年始のおもしろ荘から駆け抜けましたね。出川さんが「売れる気しかしない」と言ってましたが、本当に一気に売れたなと。

今後どのように展開していくのか楽しみですが、しゃべりが立つわけではないのでどこまであの感じでやっていけるのかと、来年の動向が楽しみです。

お笑い向上委員会からのし上がった「みやぞん」

去年から関根さんが推していたことでいろんな番組で見かけてはいましたが、今年は完全にブレイクしましたね。

みやぞんのピンの仕事だけでなくanzen漫才としてもよく見かけましたし、相方のあらぽんもピンで見かけるようになりました。

浅井企画は好きな事務所なので頑張って欲しいです。

2017年に人気が出たお笑い芸人

みんながみんな知ってるわけではないと思われますが、2017年特に目立ってた(と僕が思ってる)お笑い芸人がこちら。

アイデンティティ

野沢雅子さんのモノマネを生かした漫才をしているアイデンティティ。漫才の中でモノマネする人はいても、モノマネした状態で漫才やる人ってそういえばいなかったんですよね。

にちようチャップリンの大会で優勝するかと見せかけてまさかの最下位でしたけども、今後もあの方向性でいけるところまで行ってほしいなと思います。

フースーヤ

ギャグの使い勝手の良さが女子高生の支持を得たフースーヤ。「ナッシングトゥーマッチ、オーマイゴッドファーザー降臨」「サンキューフォーザイーメール、ジョージクルーニー卵とじ」など、独特の言い回しが流行りました。

僕もこの2つはさらで言えるように何度も練習しましたが、フリがどうしても覚えられず。日常生活で誰も振ってこなかったので披露する場面は1回もなかったですけども。

もりせいじゅ

「足元におてもと」の歌ネタで人気のもりせいじゅ。ちょうど話題になったくらいのタイミングでオジンオズボーンの単独ライブにゲスト出演していて、生で見れてラッキーでした。

あのネタ以外見たことがないので、他のネタも見てみたいですね。

来年頑張ってほしいお笑い芸人

大自然

大自然は一昨年くらいから注目してるんですけども、ネタ番組などにちらっと出るくらいで、M-1も敗者復活で負けてしまいましたし、なかなか東京進出してきてくれません。来年めちゃめちゃ売れてほしい。

パーパー

キングオブコントではいまいち振るわなかったんですが、個人的には結構彼らのコントが好きなのでもっと露出してほしいです。

チョコレートプラネット

有吉の壁で優秀さが際立っていたチョコレートプラネット。ネタパレでやってた「見たことないやつ」のネタを見たことでより一層好きになって過去のネタもあさったりしました。来年はライブ行ってみたいですね。

最後に

というわけで、お笑いファンによるメモでした。

そして、来年はもっとお笑いライブに足を運ぼうと思います。囲碁将棋の単独に今年は行けなかったので来年は絶対行きます!

キーワード
エンタメ