笑っていいともはやっぱり面白かったなぁと終わってから改めて思った

笑っていいともはやっぱり面白かったなぁと終わってから改めて思った

笑っていいともが終わってしまいましたね。

僕が生まれた2年後に始まってるので、僕にとっては「放送されているのが当たり前」の番組でした。

ずっと熱心に見続けたわけじゃないけど、番組が終わってしまったのがやっぱり寂しくて、ちょろっとだけブログに書き記しておきます。

笑っていいとものなにが面白かったのか

平日昼間という放送時間のため、笑っていいともを見た日っていうのは病気で休んだ日か学校の長期休み、社会に出てからは平日休みのときくらいでした。

だからめちゃめちゃ見てたというわけでもなく、なんとなく見てる番組だった感じですよね。

笑っていいとものなにが面白かったのかと問われると、たしかに椅子から転げ落ちるほど大爆笑することは少なかったんですよ。

面白かったコーナーもいくつかしか思い出せないし、見れなかった日のことを後悔することもないし。

それでもやっぱり好きな番組の一つだったなぁと思います。

そっくりさんコンテストの紹介者に対する関根さんの一言とか、さまぁ~ず三村さんの暴走とか、やっぱり面白かったなぁ。

さんまさんがレギュラーの頃のタモリさんとの対談形式のコーナーも面白かった記憶がありますね。

とんねるずがレギュラーになってからは刺激的で面白かったですしね。

ぼけーっと見てたら友達が出てたこともあるし、某タレントのお母さんが自分の娘が出てるのを見てる瞬間に立ち会ったこともあったな。

なんか思い出そうとするといろいろ出てくるもんですね。

個人的には、さまぁ~ずさんのレギュラー番組が一つなくなることが一番ショックです。

というわけで何が書きたいのかもよく分からず書き始めたからまとまりもしないけど、今後はタモリ倶楽部とさまぁ~ず×さまぁ~ずをしっかりと見よう。

最終回スペシャル(ネタバレ)

最終回スペシャルのネタバレになりますが、本当に最後にふさわしい3時間スペシャルでしたね。

冒頭のぐだぐだ具合と、三村さんのツッコミ。

さんまさんのトークの長さと、それにしびれを切らして出てきちゃうダウンタウンとウンナン。

まっちゃんが「とんねるずが出てきたらネットが荒れる」発言によりさらに出てきちゃう爆笑問題ととんねるず。

さらにナイナイも出てきて、ゲストの皆さんもいじられまくって。

印象深かったフレーズはまっちゃんがさんまさんに向けて「まだ売れるで」っていう発言ですね。言いまくってましたね。

あとはとんねるずのタカさんがまっちゃんに「松本がネットが荒れるって言うから」って話しかけるところとか、奇跡の瞬間をこの目で見た感じでした。

そして最後のスピーチの中での三村さんと大竹さんのむちゃくちゃ具合。むちゃくちゃで言えば太田さんが一番言いたい放題だったけど。

最初の1時間半は笑いすぎて涙出てきちゃったし、後半は感動して涙出ちゃうし、本当に見てよかったと思えた3時間でした。

最後に

32年も経てばすっかりおっさんです。涙もろくもなりますね。

こんなにいい番組が終わっちゃうなんて寂しすぎますが、今後のタモリさんのご活躍を期待しています。

キーワード
エンタメ