iPadを必要とする人はどんな人か。「iPadのある生活」

iPadを必要とする人はどんな人か。「iPadのある生活」

先日買いました新しいiPad、めちゃめちゃいいです。

正直日本のご家庭すべてにiPadがあっていいと思うくらいに素晴らしいんですが、なかなかこの良さって伝わらない。

たまたま見かけたツイートでちょっとヒントいただいたので、僕なりに考えた「iPadのある生活」について書き留めておきます。

「iPadのある生活」

先日たまたまタイムラインで@reynotchさんのツイートが目につきまして、それを僕がリツイートして何回かやり取りしました。
下記がそのやり取りです。ちょっと長いのですが読んでみてください。

@reynotchさんとこのような会話のやり取りをして、すごくしっくりきました。
iPadの使い方ってこういうことなんだと。

もっと言うと、たぶん「使い方」っていうほど難しいことじゃないんですよ。生活の一部という感じ。

@reynotchさんのツイート見ると生活の背景がなんとなく見えますよね?

「iPad何に使ってる?」って言われて
「う~ん、なんだろ。いろいろだよ。」っていうくらい馴染んでるのがiPadのあり方なのかなと。

「何ができるか」ではなくて、「何をしたいのか」

それと、「iPadで何ができるのか」とよく聞かれるものの、この質問自体がナンセンスだと思ってます。

例えるなら、ヨドバシカメラには何が売ってるの?と言われるくらい困ります。
ヨドバシカメラに何でも売ってるよ、って言いたいけど野菜は売ってないみたいな。

iPadで何がしたいか。
これが重要です。

ヨドバシカメラの例で言えば、冷蔵庫買いたいからヨドバシカメラに行こう。っていう発想。
何でもあるって聞いてたけど野菜売ってないじゃん!って言われても困るわけです。
野菜買いたい人はスーパー行ってください。

iPad以外の選択肢がある中で、iPadを選ぶ理由っていうのがあるはずなんですよね。
僕ならこんな感じ。

自炊した本を読みたい

iPad

絵を書きたい

Macでイラレかフォトショ
iPadでMemonade
紙とペン

手書きのメモを取りたい

iPadでMemonade
紙とペン

テキストのメモを取りたい

Macでテキストエディタ
iPhoneでFastEver(最近はTextEver)
iPadでFastEver

曲を作りたい

MacでLogic
iPhoneのiTalkに鼻歌を録音
iPadのGarageBand←挫折しました…。

メールをしたい

家ならMac
寝っ転がってたらiPad
出先ならiPhone

Twitterをしたい

家ならMac
寝っ転がってたらiPad
出先ならiPhone

ブログを書きたい

家ならMac
寝っ転がってたらiPad
出先ならiPhone

目的が先にあってその手段のひとつがiPad

目的が先にあってその手段のひとつがiPad。

「何ができるのか」は先じゃなくて後です。
「何がしたいか」を考えて、その手段としてのiPad。

「本を読もう→iPadを手に取る」といった具合。
「部屋が寒い→暖房つけよう」くらいの感覚。

買う時点でこの考え方が出来てれば間違いないですよ。

部屋を広くしたい→本棚の本を電子書籍化してiPadで読めばいいんじゃね?→本を自炊しよう→iPadとScanSnap買おう

こんな感じ。

最後になりましたが、この記事のきっかけとなった@reynotchさんも今回のやり取りから記事書いてくれてますので、良かったら読んでみてください。

iPadのある生活 それはこれまでと変わらない日常 : I believe in technology

最後に

iPadに対する考え方はいろいろあると思いますが、僕はこう思ってるということを書きました。

何をしてもいいし、何もしなくてもいいというデバイス。それがiPad。

僕からは全力でおすすめしたいけど、ご自身のライフスタイルと照らし合わせて本当に必要かどうかをしっかり検討してみてから購入されるといいと思います。

キーワード
iPad