Marshal系の歪みエフェクター「JHS Morning Glory」が優秀すぎる!弾いていて気持ちいいオーバードライブ!

Marshal系の歪みエフェクター「JHS Morning Glory」が優秀すぎる!弾いていて気持ちいいオーバードライブ!

優秀な歪みペダルだという噂を聞いていたJHSの「Morning Glory」を購入しました。

アンプライクな歪みペダルでボリュームの追従性が高く、音は太さがあって抜けも良くて、きらびやかさのある素晴らしいペダルでした!

Morning Gloryは歪みエフェクターに必要な要素が詰まったペダル

以前に僕が歪みエフェクターを選ぶ時の基準についてブログにまとめました。

関連記事『ギター初心者が歪みエフェクターを選ぶ時のために!僕なりの歪みペダル選びの基準』のサムネイル画像
ギター初心者が歪みエフェクターを選ぶ時のために!僕なりの歪みペダル選びの基準
続きを読む

こちらの記事で、

  • アンサンブルの中できちんと抜けるかどうか
  • ボリュームの追従性
  • 音の太さ

が重要であると書いたんですが、Morning Gloryはこの3点をしっかりおさえてくれてるエフェクターです。

この3点に加えて、音にきらびやかさを足してくれるんですよね。おそらく高域のいい帯域が出てるんだと思います。この帯域の出方のおかげで抜けが良いのかもしれません。

オーバードライブなので思ってるより歪まないです。歪ませようと思えば歪むんですけど、Morning Gloryの一番おいしい音はあんまり歪んでない状態なんですよね。

僕にとってはいい塩梅なオーバードライブですが、ハイゲインな歪みエフェクターが好きな人にとっては物足らないと思います。

ハイゲインを求めてる人は同じJHSのAngry Charlieがおすすめです。ゲインつまみを回し始めると8~9時くらいからいきなりゴリっと歪んでくる感じがします。

カッティングに適したオーバードライブ

Morning Gloryは音の分離の良いエフェクターで、複数の弦を弾いたときに1本1本の音がしっかり聴きとれるんですよね。

そんなわけで、コードストロークとか、複数の弦をカッティングするときに威力を発揮します。

もちろん単音のカッティングも切れ味鋭く弾けて気持ち良いです。

適当なコードを弾いてみました。音が団子になりがちな複雑なボイシングでも各弦の音が聴き取れますし、途中にアルペジオ的におかずを入れてもいい塩梅に聴こえますよね。

ギターはPRS Mordern Eagle。アンプはMarshall JCM 900です。

ブースターとしても優秀

ブースターとしても優秀です。ソロを弾くときに艶を足してくれる感じ。

また、パワーコードで音の壁を作りたいときにMorning Gloryではパワー不足なので、別の歪みエフェクターをブーストする形でブースターとして使うといい感じです。

楽曲の中で弱中強の3段階の歪みを用意しておきたいときに、Morning Gloryが弱、中の歪みを別のエフェクターに担当させて、両方踏んで強にするっていう使い方はかなり便利ですよ。

ゲインを1~2時くらいにしたサウンドが良すぎる

僕の感覚として「アンプもエフェクターもフルテンの音は最良ではない」気がしてるんですね。メーカーさんがどうやって設計しているかは分からないですけど、最大値って余白部分だと思っていて、その手前くらいがベストな音なんじゃないかなと。

ゲインを最大値にしないと好みの歪み具合にならないのであれば、別のもっと歪むエフェクター使った方がいいと思うんです。上限下限までの余白があった方が現場での調整もできますしね。

という考えを踏まえて、Morning Gloryはゲインを1~2時くらいにした音が素晴らしいです。原音の芯が残ったまま、いい具合に歪んでくれます。

現状メインで使ってるセッティングがこちら。トーンとボリュームが12時、ゲインが1~2時くらい。

ピッキングニュアンスで歪みとクリーンの弾き分け

Morning Gloryは、「バッキングで強めに弾くとしっかり歪んで、アルペジオなどで優しくピッキングするとクリーンになるくらいの歪み」が素晴らしく良いんです。

ペダルのオンオフで歪みとクリーンを分けることももちろんしますが、ピッキングニュアンスやギター側のボリューム操作で歪み具合をコントロールして弾いてます。

そういう意味では腕が試されるエフェクターです。ギター初心者であればこのエフェクターで練習した方がうまくなりそうですが、楽しさが分かってくるのはある程度歳を重ねてからかもしれませんね。

ゲインブーストモードも

ゲインブースト用のスイッチもあります。これでだいぶゴリっとた音になります。

フットスイッチを接続する端子が本体右側にあります。個人的には、つまみが同じセッティングでゲインスイッチだけオンしたところで好みの音にならないのであんまりいらないかなという印象…。

ゲインスイッチをオンにした状態で、ゲイン最大値にしてブリッジミュートして弾いてみました。ボリュームとトーンは先ほどと変わらず12時のままです。

最後に

とにかく弾いていて気持ち良い歪みペダルです。

手元で歪み具合をコントロールしたいという、アンプライクなエフェクターを求めている人はぜひチェックしてみてください。

キーワード
音楽