MacBook Pro Late 2016を購入!サクサク動いて快適だし、Touch Barが思ったより便利!

MacBook Pro Late 2016を購入!サクサク動いて快適だし、Touch Barが思ったより便利!

MacBook Pro Late 2016を購入しました!15インチのTouch Bar付いたモデルです。

Mac miniの新しいのが出るのを待っていたのですが、うわさも聞かないのでデスクトップ機自体やめることにしまして、MacBook Proをチョイスしました!

ひとまずざっくり触った感じをレビューします!

MacBook Pro Late 2016のフルスペックモデルに限りなく近いやつ

僕が購入したMacBook Pro Late 2016のスペックはこんな感じです。

  • 15インチ
  • Touch Bar付のモデル
  • CPU:2.7GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ
  • メモリ:16GB 2,133MHzメモ
  • ストレージ:1TB PCIeベースSSD
  • GPU:Radeon Pro 460(4GBメモリ搭載)

つまり、ストレージ以外は全部フルスペックにしました。(SSDを2TBにすると8万円も引きあがったので躊躇してしまって…。)

色はシルバーにしました。iPhoneもシルバーですし、シルバーで統一したくて。

このモデルのMacBook ProからUSBポートは全てUSB Type-C(Thunderbolt 3)に変更されてます。当面は変換アダプタなどを使う必要はありますけども、合計4ポートありますので、ポート数が足らないという心配はなさそうです。

また、SDカードスロットは廃止されてます。一眼レフカメラで写真をよく撮るので、SDカードリーダーを買わないとなぁと思ってます。

キーボードはキーストロークが浅くなってますが、すぐに慣れました。いまではMacBook Airのキーボードが違和感あるほど。結構快適ですよ。

Retinaディスプレイが美しい

まずディスプレイの美しさ。Retinaディスプレイがきれいすぎます。

これまでMac miniとMacBook Airの2台体制だったので、RetinaディスプレイのMacというもの自体初体験ですが、ここまできれいだとは。

iPhoneでは慣れているRetinaディスプレイですが、Macに乗っかるとなるとまた別の感動があります。いままで普通に見えていたものが汚く見えてしまうくらい美しいです。

自宅ではThunderboltディスプレイを使ってるので、MacBook Proのディスプレイも活かしつつデュアルディスプレイとして活用できる配置を思案中です。

Touch Barは思ってたよりもずっと便利

Touch Barは正直どこまで便利になるものなのか疑問だったんですが、実際に使ってみると思ってたよりもしっくりきました。

例えば、ブラウザでパスワード入力するようなシーンでは、Touch Barにこのように表示されます。顔をあげないで入力するのがこんなに快適だったとは。

他にも写真をPhotoshopで開こうとするときに、写真のデータを選択したらTouch Barを2回タップするだけで開けるというのはものすごく便利です。

期待しているのがLogicの操作性が向上するんじゃないかということ。フェーダーの操作ができるのでオートメーション書くのに便利そうだなと思ってます。

Touch IDでパスワード入力しなくて済む

iPhoneの指紋認証でおなじみのTouch IDが実装されてます。パスワード入力を簡易化できるのはめちゃめちゃ便利ですね。

MacBook Proのここに指を置くだけの簡単操作です。

いずれは各種サービスのパスワード入力もさくっとできるようになったりするんですかね。(1Password使ってる方はすでにできるようです。)

感圧タッチトラックパッドは慣れが必要

トラックパッドは大きくなって操作しやすいなと思ってたんですが、一部の操作がうまくいかず。

原因を探ってたんですけども、どうやら「感圧タッチトラックパッド」というものに変わったことで、iPhoneの3D Touchのように「強く押し込む」という動作が可能になったからみたいです。

例えばファイルをドラッグしてフォルダに入れようと思った時に「名前の変更」に変わっちゃうことが多々ありまして。これは強く押し込むことで名前の変更ができるように設定されているため、ドラッグする際に無意識に強く押し込んでしまって失敗しているようです。

この操作に慣れたらだいぶ便利になりそうだなとは思ってるものの、もうしばらくは慣らす必要がありそうです。

電池消費が激しい

これはデメリットですが、MacBook Proは電池消費が激しいです。

Retinaディスプレイであることと、そのディスプレイサイズが大きいことが一つの要因っぽいです。

本体サイズがでかいため充電池は十分な容量があるものだと思い込んでましたが、USB Type-Cのおかげでモバイルバッテリーでの充電もできますし、そんなに不安もないかなと。

とある情報筋によると、Google Chromeによって電池を消耗してるようで、Safariを使うことで多少軽減されるとのこと。個人的にはChromeが好きで手放せないので、うまく併用できるようにしてみようかと思います。

ただ、USB Type-Cのおかげなのか、充電のスピードはすごく早いです。サクッとマックスまで充電できます。

最後に

とにかく満足度の高いMacでした。

これからじっくり使いつつ、MacBook Proに関することでなにかピンと来たらブログで書いていきますね。

キーワード
Mac