AirPodsをMacとペアリングする方法

AirPodsをMacとペアリングする方法

Apple純正のワイヤレスイヤホン「AirPods」はiPhone以外にもMacでも使うことができます。

iPhoneではAirPodsの蓋を開けるだけで簡単接続ができたんですが、Macはそう簡単にはいかなかったので、MacとAirPodsをペアリングする方法をご紹介します。

AirPodsをMacとペアリングする

「AirPods」はApple純正のワイヤレスイヤホンで、レビュー記事も書いてますので詳しくはこちらをご覧ください。

ではMacと接続する方法について解説していきますね。

まずMacでシステム環境設定を開きます。
airpods-mac-01

システム環境設定の中にある「Bluetooth」をクリック。
airpods-mac-02b

AirPodsの裏側にボタンがあります。
airpods-mac-btn01

このボタンを蓋を開けた状態で長押しすると、ライトが白く点灯します。白く光ったら手を離してください。
airpods-mac-btn02

Bluetoothがオンになっている状態であれば右側にAirPodsが表示されますので「ペアリング」ボタンをクリックします。これで接続完了です。
airpods-mac-03b

オプションの設定

接続ができたらオプションというボタンが表示されます。これをクリックすると、
airpods-mac-04

ダブルタップしたときの挙動などを設定できます。
airpods-mac-05

最後に

MacでもAirPodsを使えるようにしておくとかなり快適です。

ちなみに、macOS Sierra以降が必要になりますので、上記の方法で設定できなかった方はOSのバージョンをお確かめください。

キーワード
Apple