iPhoneからパソコンにサイズ大き目の動画や写真を送るのに一番手っ取り早い方法

iPhoneからパソコンにサイズ大き目の動画や写真を送るのに一番手っ取り早い方法

iPhoneから写真や動画をパソコンに送る方法はいろいろありますが、サイズが大きくなるとどうしていいか分からなかったりしますよね。

そういうときに、僕がいま一番手っ取り早いと思ってる方法はDropboxを活用した方法です。

Dropboxのカメラアップロード機能を活用する

Dropboxにカメラアップロード機能というものがあります。

パソコンにiPhoneをケーブルでつなぐとDropboxが自動で写真と動画を吸い上げてくれるというものです。

Dropboxの容量の上限が低い人はちょっと工夫しないといけないかもしれませんが、多少余裕のある方であればケーブルでつなぐだけなので超楽ちんです。

Dropboxのアカウントを持ってない方はこちらから登録すれば通常2GBのところ2.5GBから始められます。

カメラアップロードをやってみる

Dropboxのアカウントを持っていて、事前にDropboxのソフトをインストールしてあれば、あとはパソコンとiPhoneをケーブルでつなぐだけです。

▼自動的にアップロードが始まります。
iphone-to-dropbox-001

▼枚数にもよりますが、割とさくっとアップロードが完了します。
iphone-to-dropbox-002

▼もし自動でアップロードが始まらない場合は設定で「カメラアップロードをオン」にしてください。
iphone-to-dropbox-003

最後に

写真でも枚数が多い場合はこっちの方が手っ取り早いかもしれません。

Dropboxは写真をアルバムのように見る機能もついてるので、容量制限はあるものの使い勝手もいいですしね。

是非お試しください。

キーワード
WEBサービス