Apple Watchの基本操作まとめ!デジタルクラウンの使い方やスクショの取り方などをご紹介!

Apple Watchの基本操作まとめ!デジタルクラウンの使い方やスクショの取り方などをご紹介!

Apple WatchはiPhoneと共通の操作も多くて、身に付けたらすぐにでも迷わず使うことができました。

しかし、Apple Watch独自の操作もいくつかあって分からないこともありましたので、基本的な操作をまとめてみました。

画面を押す

Apple Watchの基本操作 タップ

まずは基本となる画面を押すという操作から。

タップする

iPhoneやiPadなどと同じように「画面に写ったものをタップする」のが基本的な操作です。

画面を強く押しこむ

iPhone, iPadでは存在しない操作がこれ。画面を長押しするのではなく「強く押しこむ」ことでアクションが割り当てられているものがあります。

時計の画面で強く押しこむとカスタマイズができたり、アプリによってはそこに機能が付いてるものもあります。

画面をスワイプする

Apple Watchの基本操作 スワイプ

こちらもiPhone, iPadですでにおなじみの操作ですが、指で画面をなでるように移動させることで様々な機能が使えます。

上から下へスワイプで通知の確認

iPhoneの通知のように、上の端から下方向に指を滑らせると通知が確認できます。

下から上へスワイプで「グランス」

Apple Watchの目玉機能と言ってもいい「グランス」。アプリの中の特定の機能だけはアプリを起動させることなく使うことができるというものです。

アプリによって割り当てられていない場合は表示もされませんが、現時点でも結構多くのアプリでグランスが使えますし、これからもどんどん増えていくでしょう。

左右にスワイプ

当然左右にスワイプすることでできることもあります。

例えばグランスで左右スワイプすることでアプリの切り替えができたり、時計のカスタマイズ画面で左右スワイプすることでカスタマイズ対象を変更したりできます。

デジタルクラウン

Apple Watchの基本操作 デジタルクラウン

Apple Watchの本体右側についている「デジタルクラウン」は、押す・回すという操作をすることができます。

ちなみに、装着する腕を選択することができますが、左腕につけているという想定で「本体右側」という言葉を使ってます。

デジタルクラウンを1回押す

iPhone, iPadのホームボタンのような機能なんですが、1階層戻るような動きをします。

アプリを起動中はホーム画面に戻り、もう一度押すとホーム画面中央に移動し、さらにもう一度押すと時計の画面に遷移します。

また、時計の画面で押すとホーム画面に移動しますので、何度も押すと時計の画面とホーム画面を行ったり来たりすることになります。

デジタルクラウンを素早く2回押す

時計の画面を表示中にデジタルクラウンを素早く2回押すと、その直前に開いていたアプリが開きます。

個人的にはこの機能がすごく便利だと感じてます。

デジタルクラウンを長押しする

Siriを起動します。キーボードがないApple Watchでは何かを入力する際はほとんど音声認識に頼ることになりますので、なにか困ったことがあればSiriにお願いしてみてください。

デジタルクラウンを回す

この物理的なボタンを回すっていう操作がすごくアナログっぽくていいですよね。時計感をより強める操作です。

基本的にはスクロールのような動作です。例えばEvernoteのアプリであれば文章をスクロールさせて読むことができます。

ホーム画面で回すと拡大縮小しまして、そのままアプリの中に突入していくようなイメージです。

時計のカスタマイズではまさに竜頭のような役割をします。表示させる項目を変えるところは特にそれっぽくて、普段腕時計をいじってるときのあの感覚で使えます。

サイドボタン

Apple Watchの基本操作 サイドボタン

デジタルクラウンの下側に付いてるのがサイドボタンです。

サイドボタンを1回押す

iPhoneの連絡先でお気に入りに入れている人が表示され、電話をかけたりメッセージを送ることができます。

個人的には全く必要としない機能でした。ここから電話かけることもありませんし、iMessageも全く使ってないので。

サイドボタンを長押しする

サイドボタンを長押しすると、電源をオフにしたり、省エネモードにすることができます。これもほとんど使うことがないですね。

スクリーンショットを撮影する

Apple Watchの基本操作 スクショの撮り方

上の写真のようにデジタルクラウンとサイドボタンを同時押しすることでスクリーンショットを撮影できます。ボタンが隣り合ってるためiPhoneよりも簡単にスクショを撮れます。

少なくとも僕はサイドボタンはこの用途でしか押さないです。

Apple Watchを手で覆う

Apple Watchの基本操作 手で覆う

Apple Watchを手で覆うという操作もあります。

例えば電話がかかってきたけれども状況的に出れないというとき、Apple Watchを手で覆うようにすれば着信音が鳴りやみます。電車の中や仕事中の着信時などで使えそうですね。

最後に

おそらくこれでApple Watchの基本的な操作は網羅できたと思います。

もし他の操作法などを発見した場合はこちらの記事に追記していきますね。

キーワード
Apple Watch