世界最小のスマホ用ジンバル「Snoppa Atom」が使いやすい!セッティングが楽で無線充電できて便利!

世界最小のスマホ用ジンバル「Snoppa Atom」が使いやすい!セッティングが楽で無線充電できて便利!

スマホ用のジンバル「Snoppa Atom」をメーカーさんより頂戴しました。

世界最小を謳っているジンバルだけあって軽くて持ち運びやすいので、カバンに忍ばせておいていざというときに使える便利アイテムでした。

世界最小のジンバル「Snoppa Atom」

こちらが「Snoppa Atom」というジンバルです。

箱の中身はこんな感じ。上の束になったままのケーブルは本体充電用のUSB Type-Cケーブルです。

このように折りたたむことができて、かなり小さいサイズになります。本体重量は440gです。

伸ばすとこんな感じ。

幅55~90mm・厚み9mm以内・重さ310gまでのスマホであれば対応しているそうで、iPhone XS Maxはもちろん、この条件以内であればケースが付いた状態でも使うことができます。

ケース付きのiPhone 7 Plusをつけてみました。問題なく装着できました。

GoProにも対応しているということですが、手ぶれ補正機能が強力なGoProはジンバルにつけなくてもいいかなという印象です。

Snoppa Atomの気に入ったところ

Snoppa Atomがどんなジンバルか、こちらの動画を見てもらえば特徴が掴めると思います。

特に気に入ったところをいくつかピックアップしますね。

スマホを取り付けたらすぐに使える

僕が最も気に入ったのは、スマホをつけたらすぐに使える手軽さです。

Osmo Mobile 2を持ってるんですが、数回使ったところでお蔵入りしました。スマホを水平に合わせるための調整が結構シビアで、出先で使おうとした時にいまいちちゃんと水平になってくれなくてめんどくさくなっちゃったんですよ。そんなめんどくささが、Snoppa Atomにはありません。

だいたい中央くらいのところにスマホを置いたらBluetooth接続の設定をして、Snoppa Atom側の電源ボタンをスライドするだけで水平になってくれます。

いつでもどこでも、サクッと取り出して撮影し始められる手軽さがいいですね。

外部マイクを接続可能

本格的な撮影をするためには音声もしっかり押さえておきたいところですよね。

スマホのマイクだと物足らない時に、Snoppa Atomに外部マイクを接続して音声を録音することができます。

撮影しながらスマートフォンを無線充電できる

撮影中のスマートフォンを無線で充電できるのも嬉しいですね。モバイルバッテリーをスマホに挿して充電するなんて面倒なことをしなくて済みます。

ATOMの電池容量は2000mAh。一般的なモバイルバッテリークラスなので、長時間撮影も安心です。

最後に

持ち運びしやすいし設定も簡単で手軽だし、かなり使い勝手の良いジンバルでした。

12月15日までクラウドファンディングをやってますので、ぜひチェックしてみてください。

キーワード
ガジェット