Teachmeを使ってハングアウトの始め方をスライドで作ってみた

Teachmeを使ってハングアウトの始め方をスライドで作ってみた

パワポとかのスライド作るソフトをほとんど使ったことがない@delaymaniaです。

人に説明をするときにスライド作りたくなったりしますよね?

そのスライド作りが手間がかかってめんどうで嫌だったりするんですが、さくっと簡単にスライドを作れるWEBサービス「Teachme」が正式にリリースされましたのでご紹介します。

Teachmeとは

Teachmeは超簡単に説明用のスライドを作れるWEBサービス。

ブロガーさんたちに重宝されてるiPhoneアプリ「Markee」が開発されたサービスです。

僕も全く使い方分からない状態で使ってみましたが、すぐにスライドを作ることができました。超簡単です。

▼Teachmeの始め方をTeachmeで解説してるというのも親切ですね。使い方を見ながら学べる感じ。

実際に使ってみた

実際にスライドを1つ作ってみました。

まずTeachmeのサイトに飛びます。

▼Facebookアカウントでアカウントを作れるので、まずはアプリの連携をさせます。
Teachme release 01

▼右上の新規コンテンツ作成をクリック。
Teachme release02

▼文章などを入れたら「新規ステップ追加」ボタンをクリック。
Teachme release3

▼あとは画像を入れたり文章を入れたりしながら繰り返していくだけです。
Teachme release04

▼公開するボタンがないなぁと思ってたら、一番上にありました。非公開になってるものを公開にすれば作業完了です。
Teachme release5

▼というわけで、作ってみたのがこちらです。

第一回目のブロネクオンエアーを見てハングアウトに興味持ってくれた方も多いと思いますので、上記のスライドを見ながら是非ハングアウト試してみてください!

最後に

Markeeの開発元が開発してるだけあって超親切な作りです。

マニュアル的なものを作るときにお世話になると思います。

キーワード
WEBサービス