MoveEverのノート移動を自動化したアプリ「AutoEver」をリリースしました

AutoEver_icon

MoveEverシリーズファンのみなさまお待たせしました!

MoveEverシリーズ4人目の青いやつ「AutoEver」がついにリリースです!

アプリをダウンロードする

AutoEverはGmailのフィルタのイメージ

MoveEverを使っていて「なんか毎日同じようなノートの移動してるな」ってことに気づきました。

毎日同じような作業してるならどうにか自動で振り分けられないかと思い、AutoEverを作りました。

MoveEverのアイデアはSparrowからでしたが、AutoEverのアイデアはGmailのフィルタから。

Gmailのフィルタのようになにもせず自動処理はできませんが、条件を決めておけばワンタップで振り分けてくれます。

▼まず様々な条件を盛り込んだプリセットを作ります。
Autoever release IMG 5611

▼一度作ってしまえばあとは起動させてプリセットをタップするだけ。超カンタンです。
Autoever release IMG 5612

ちなみに、起動させたら上記のプリセット一覧画面が開きますので、起動→プリセット選択をタップと2ステップで移動ができます。

AutoEver使用例

AutoEverを使った整理術をいくつかご紹介します。

僕のEvernoteの使い方を読んでいただいてから下記の項目を見てもらった方が分かりやすいかもしれません。

とんでもなく参考になりすぎるEvernote使用例 6 〜ノート総数3500 @delaymaniaの全ノートブック晒し&”肩の力を抜いた”Evernote整理術〜 | OZPAの表4

使用例1:inbox整理のお手伝い

僕はブログの下書きやアイデアをいろんなところから放り込んでます。

入るところはinboxのみ。でも下書きは「031_ブログ下書き」へ、アイデアは「032_ブログネタ」へ入れて、あとで見返すようにしてます。

▼「下書き:」とタイトルに付いたものを指定のノートブックへ移動するプリセットを作ります。あとはタップして発動するだけ。
Autoever release IMG 5613

使用例2:複数のノートブックから同じようなノートを1つのノートブックへ移動

「下書き:」というタイトルのノートの記事を投稿したら「投稿済み:」というタイトルに変えてから「999_象の墓場」へ移動させてます。

inboxにいる時点でタイトル変更するときもあるし、「031_ブログ下書き」へ移ったあとにタイトル変更することもあるので、移動元のノートブックを複数指定します。

▼移動元は「000_inbox」と「031_ブログ下書き」の2つ。移動先は「999_象の墓場」1つというプリセットです。
Autoever release IMG 5614

使用例3:タグを付けて移動

まだ使い始めたばかりですが、タスクが完了したノートに「完了」というタグを付けて「999_象の墓場」へ移動させるという使い方はありだなと思って試運転中です。

▼現状ではタイトルでひっかけてますが、条件はタグでもいいかもしれません。
Autoever release IMG 5615

ご紹介したのはあくまで僕の使い方の一例です。

アイデア次第であなたのEvernote活用術が激変すると言っても過言ではないです。

タグをほとんど使わない僕が、このアプリでタグを便利に使いたいなと考え直してしまったくらい。

是非一度触ってみて、いろんな自動処理の仕方を考えてみてください!

最後に

僕の一番のお気に入りアプリをついにリリースできました。

いままでで最も上級者向けアプリだと思いますが、アイデア次第でかなり便利に使えるアプリです。

是非ご活用ください!

アプリをダウンロードする

関連記事